So-net無料ブログ作成

ピアノ協奏曲20番(その1) [練習・レッスン]

今日は時間があったので、オケの曲を練習しました。
♪モーツアルト ピアノ協奏曲20番

とても美しい名曲ですね。(しかしこれだけ美しいと、アマオケがやってはいけない気配が濃厚です(><))

さて、私は曲を練習するとき、
ゆっくりさらった後で勝手にオケのCDと合わせたりします。
で、さらにそれを録音し、自分の弾き方をチェックします。。
今日は、
ピアノ:クリフォード・カーゾン、
オケ:English Chamber Orchestra(イギリス室内管のことか!?)
指揮:Benjamin Britten(ベンジャミン・ブリテン?) でした。
部屋で大きめの音量で聴いたら、冒頭のオケが重々しいのに美しくてびっくり。
あぁ、こんな演奏を生で聴きたい。。。最初のシンコペだけでやられてしまいました。
(ピアコン20番のCDについては、そのうち書きます。)

・・脱線しましたが、自分の弾き方をきいて思ったこと
・ビブラート、かければいいってものではない。
 気持ち的にはかけたくても、かけない方がよさそうな場所がありました。
・写真の部分。

 荒々しい雰囲気で弾こうとしたのですが、
 リズムが一定でなく、どだばたなかんじになってしまいました。
 うーん、難しいです。とりあえず、一定のテンポで弾く練習をしました。
 あと、ベンジャミンさんのCDだと、この部分は音が上昇する所でクレッシェンドをしていて非常にかっこよかったです。一応それもやってみましたが、やはりどたばたしてしまいました(><)
 やっぱりモーツアルトは基礎がしっかりしていないとダメですねぇ。
 返り討ちにあった気分(^^;)

さてさてこれからビオラのレッスンに行ってきます。
今日の曲は、マザスの「3つのビオラ2重奏」の1番の3楽章。(ややこしい 笑)
うまく弾けるだろうか。


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 9

violin-123

こんにちは。こちらの方でははじめまして♪
はちみつ様は、アマオケでビオラを弾かれているのですか??オケのお話もまた伺いたいです。
記事に書かれてましたが、ヴィブラートをかければ良いってものではないというのは、同感です。適切にかけるのって難しいですね~。
本日はレッスンとの事ですが、レッスン記事、楽しみにしていますね!
by violin-123 (2006-09-03 17:34) 

don

ども。メールをいただき、さっそくアクセスしてみました!
わたし、モーツァルトって、実はとっても苦手。
なぜなら、透明できらきらした音で弾くべきだと思ってるからなのです。
だって、びよらって、びよらって・・・ぐすん。
とはいいながら、びよらなりのオケへの貢献のしかた、というのを考えると、
・音に厚みをあたえる
・シンコペとか、リズムが特殊なときにちょっとがんばると音楽がつながる
・遠い感じの音にする
などなどがあるかな、と。
どれも縁の下の力持ち系ですが、けっこう着持ちよく弾いている自分が
いたりするのですよ、これが。
交響曲40番冒頭部分はびよら無しでは語れないし、
時々ご褒美のように与えられるメロディラインとかに命かけちゃたりと、
意外とオイシイところもあるので、がんばって練習してください~

いいなー20番
by don (2006-09-03 17:57) 

はちみつ

>バヨリにすとさん
こんばんは~。お越しいただいてありがとうございます(^^)nice!もありがとうございます♪♪おじゃる丸のアイコンかわいいですねー!
私は都内のアマオケに出てます。練習は大変ですがオケで弾くのはやっぱり楽しいです。そのあたりの話もおいおい書いていきますね~。

ヴィブラート、奥が深いですよねぇ。練習を録音をするようになってから、ますます実感するようになりました。
by はちみつ (2006-09-03 23:50) 

はちみつ

donさんこんばんは。コメントありがとうございます(^^) donさんの考えがきけて、かなり得した気分です♪♪

>透明できらきらした音
確かに!! そんな音で短調を弾かれたらもう涙がとまりません(T_T)
あ。あと、「遠い感じの音」ってどんなかんじなんでしょうか。

モーツアルトのビオラって縁の下色が濃い気がしますが、20番でも、副旋律で非常においしい所があります。今からでも、乗っていただけるなら大歓迎だと思いますよ☆☆
by はちみつ (2006-09-03 23:59) 

おさかな♪

こんにちわー♪
素敵なブログですね!!
ビオラの音色って大好きです。
記事これからも楽しみにしております♪♪♪
by おさかな♪ (2006-09-04 20:41) 

nyankome

また、えらいCD持ってますね。
あのブリテン指揮イギリス室内管弦楽団のバックですね。
イギリス室内管弦楽団と言えば内田光子さんとのモーツァルトもいいですよ。
同僚(音楽の先生)がアマ・オケの指揮をしていたり、別の同僚がアマ・オケでコントラ・バスを弾いていたりと、周りにはオケ関係のひとが多いです。
by nyankome (2006-09-04 21:50) 

はちみつ

>おさかな♪さん
わ~、おさかな♪さんだ(^^) コメント&nice!ありがとうございます。書きたいことはたくさんあるのですが、時間を作るのが結構大変ですね。お互いがんばりましょ~♪

>nyankomeさん
コメント&nice!ありがとうございます♪ このCDは、20番好きの友人がかしてくれました。内田光子さんも表現力豊かな演奏ですよね(^^) 20番はいくつか持ってるのですが、どれも甲乙つけがたいです。
指揮者の方が同僚とはすごいですね~。飲み屋ではオケトークが白熱しているのでしょうか。
by はちみつ (2006-09-05 01:02) 

スザンナ

こんばんは♪
モーツァルトのピアノコンチェルト20番を演奏されるのですね。
ピアノはどんな方が弾かれるのでしょうね?私も大好きな曲なので頑張ってくださいね。7月のコンサート(オールモーツァルトプログラム)でこの曲取り上げました。なんとピアノを弾いたのはいつもはビオラ弾きの方。ピアノ科ご出身なんですけどね、拍手喝采の20番でした。私はディベルティメント組でしたので20番には参加していませんが、素晴らしい演奏を聴けて楽しかったです。
ただ、木管がフルートだけなのでバックの音が寂しいんです。オリジナルの形で演奏にこそっと参加してみたいなぁ。
by スザンナ (2006-09-05 23:02) 

はちみつ

スザンナさん、コメントありがとうございます!ピアノは音大の方が弾くようです。スザンナさんもぜひ!と言いたいところなのですが、チェロはもういっぱいのようです。。 
20番はもともと好きだったのですが、映画アマデウスのエンディングで流れているのを聴いてますます好きになりました。スザンナさん達の20番も聴いてみたかったです(^^)
by はちみつ (2006-09-11 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。